Brandy Daddy
  1.  >  > 

コニャックグラス比較検証第2弾:その①

フロリレージュ02

前回募集させて頂いたグラス検証アンケートから様々なグラス要望を頂きました。アンケートにお応え頂いた皆様、本当にありがとうございました。

アンケートから得られた結果と、私の独断で、コニャックグラスの検証を行っていきます。以前はリーデルのグラスのみを比較しましたが、今回は様々なグラスの比較検証記事を全3回に渡って書いていきます。

まず、今回の「その①」では、グラス検証に使用するグラスを紹介していきます。

グラステーマ:お手頃でコスパがよいグラスの最適解

前回のグラス比較記事ではリーデルのソムリエシリーズ「コニャックXO」が最も評価の高いグラスとなりましたが、コチラのグラスは一脚16,000円近くもする高級グラスです。そのため、実際に購入しようとするとなかなか手が出ないのも事実です。

そんな中、家でコニャックを楽めるグラスの最適解を求める為、値段的にも流通量的にも比較的入手しやすいグラスを対象としました。価格帯としては1脚800円~3,000円くらいのレンジを対象としています。

用意したグラスは全11種類

では早速今回用意した「比較的お手軽グラス」達を見ていきましょう。

グラス10

写真左から順に

  • タサキ 熟成ブランデー S 12oz
  • タサキ 若いブランデー 12oz
  • サントリー ウイスキーフライトテイスティンググラス
  • チポラ リキュールグラス 95
  • ウィルスバーガーアニバーサリー 6oz ダイジェスティブ
  • ウィルスバーガーアニバーサリー 9oz コニャック
  • ポリ社グラッパグラス
  • ルイジボルミオリ ヴィノテクスピリッツ(フタ付き)
  • ルイジボルミオリ スキップ 5oz
  • グレンケアン ブレンダーズ モルトグラス
  • テイスティンググラス(リカーズハセガワ)

となります。

それぞれのグラスの特徴を見ていきましょう。

タサキ 熟成ブランデー S 12oz

グラス14

お手頃グラスと言っておきながら、いきなりすみません。このタサキシリーズは1脚4,000円くらいなのですが、是非加えておきたくて・・・。

ソムリエの田崎真也さんによるデザインシリーズ。前回も一般的にも評価が低めだったバルーン型のブランデーグラスですが、このグラスデザインの特徴はリムが反り返っている点です。また、アルコール臭がキツくなりすぎないよう、比較的熟成が進んだ蒸留酒に向いているとされています。果たしてこのデザインがどう影響するのか・・・。

高さ 124mm  口径 56mm
容量:360ml
素材:セミクリスタル

→Amazon価格チェックはコチラ

タサキ 若いブランデー 12oz

グラス13

こちらも田崎真也さんによるデザインシリーズ。こちらはノーズが長く、比較的若めのブランデーに向いているとされています。

高さ 146mm  口径 50mm
容量:360ml
素材:セミクリスタル

→Amazon価格チェックはコチラ

サントリー ウイスキーフライトテイスティンググラス

グラス8

サントリーが独自に出しているウイスキー用テイスティンググラスシリーズ。
意外とこの形は少なかったりします。

高さ 160mm  口径 43mm
容量:105ml
素材:ソーダガラス

チポラ リキュールグラス 95

グラス4

一般的なリキュールグラス。リキュールやソーテルヌ・アイスワインなどの甘口ワインを飲むのに最適なグラスとされています。

高さ 168mm  口径 42mm
容量:95ml
素材:ソーダガラス

→Amazon価格チェックはコチラ

ウィルスバーガーアニバーサリー 6oz ダイジェスティブ

グラス3

シュピーゲラウのスピリッツグラス。形状が独特ですが、果たしてコニャックの香り立ちはいかに・・・。
こちらのグラスも結構ご要望が多かったグラスの一つです。

高さ 210mm  口径 47mm
容量:200ml
素材:無鉛クリスタル

→Amazon価格チェックはコチラ

ウィルスバーガーアニバーサリー 9oz コニャック

グラス2

上のウィルスバーガーアニバーサリー 6oz ダイジェスティブより少し容量が大き目のグラス。形状は似ていますが、ボウル部分やリムの反り、口径が異なります。
果たしてどう変わるのか。

↓左が6oz 右が9oz↓

グラス12

高さ 211mm  口径 54mm
容量:290ml
素材:無鉛クリスタル

→Amazon価格チェックはコチラ

ポリ社グラッパグラス

グラス9

私がよく使っているポリ社のグラッパグラス。
個人的にはかなりお気に入り。

高さ 195mm  口径 35mm
容量:40ml
素材:ソーダガラス

→楽天価格チェックはコチラ

ルイジボルミオリ ヴィノテクスピリッツ(フタ付き)

グラス5

アンケートの中でも最も要望が多かったグラス。おそらく気になっている方も多い。

それもそのはず。このグラスの形状はリーデルのソムリエシリーズ「コニャックXO」(16,000円)とほぼ同じ形状だから。
でもコッチは一脚800円くらい。私が持っている蓋つきでも1500円くらい。
果たしてどう差が出るのか・・・。

高さ 165mm  口径 44mm
容量:170ml
素材:ソニッククリスタル

→Amazon価格チェックはコチラ

ルイジボルミオリ スキップ 5oz

グラス6

こちらのグラスもルイジボルミオリのグラスで、上のヴィノテクスピリッツとほぼ同じ形状です。実は口径が1mm違います。こっちの方が1mm狭い。そしてほんのわずかに小さいサイズ。公表容量はコチラの方が10ml少ないです。

グラス7

ホントに違いはほぼそれだけ。

ヴィノテクスピリッツとスキップ 5ozって何が違うの?という方も多いと思うので、念のためラインナップに追加しておきました。

高さ 165mm  口径 43mm
容量:160ml
素材:ソニッククリスタル

→Amazon価格チェックはコチラ

グレンケアン ブレンダーズ モルトグラス

グラス16

こちらも要望が多かったグラス。
ウイスキーテイスティンググラスの定番グレンケアンです。
果たしてその実力は・・・。

高さ 107mm  口径 45mm
容量:190ml
素材:ソーダガラス

→Amazon価格チェックはコチラ

テイスティンググラス(リカーズハセガワ)

グラス15

東京八重洲地下街にあるリカーズハセガワが出しているテイスティンググラス。
今回最も安い。お店の試飲で使用されているグラスです。

高さ 112mm  口径 45mm
容量:140ml
素材:ソーダガラス

→価格チェックはコチラ

次回:最適なコニャックグラスを決定

この中からコニャックに最適なグラスを決定していきます。

グラス11


使用するコニャックは

  • 熟成10年以下の若いコニャック
  • 熟成45年以上の熟成が進んだコニャック
の2パターンを予定しています。

果たして、それぞれのコニャックで最適解となるグラスはどれなのでしょうか・・・。

次回、「その②:若いコニャック編」をこうご期待。

検証記事追加

コニャックグラス比較検証第2弾:その②若いコニャック編を読む

コニャックグラス比較検証第2弾:その③熟成の進んだコニャック編を読む

コニャックグラス比較検証第2弾:その④ルイジボルミオリVSリーデルを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

facebook Pageにいいね!で最新情報をGET
instagram
インスタフォローはコチラ

関連記事

Copyright(c) 2015 Brandy Daddy. All Rights Reserved. | 運営情報・お問合せ