Brandy Daddy
  1.  >  > 

【中級編】コニャック地方のブドウ生産域による細かな区分け

ブランデーの知識初級編で書いたように、ブランデーにはフランスの生産地域によって「コニャック」「アルマニャック」「カルヴァドス」と3つに分かれていることが分かりましたね。
今回はその中でも一番有名処であるコニャックについて詳しく見ていきましょう。

コニャック

「コニャック」はフランスランス南西部のコニャック地域で作られたブドウを原料としたブランデーのことを指します。
正式にはオー・ド・ヴィ・ド・ヴァン・ド・コニャック(Eau-de-vie de vin de Cognac)と言います。なので、コニャックに詳しい方は「オードヴィ」という方がいらっしゃるかと思います。当サイトでは分かり安く「ブランデー」とか「コニャック」と表記していますのでご了承下さい。

コニャックは6つの生産域に分かれる

実はこの「コニャック地方」の中でもさらに細かくクリュ(ブドウ畑)エリアによって6つの地域に区分けされているのです。区分けの基準はブドウを作る土壌の質です。

コニャック地域のエリア

一般的には上に行くほど高品位な土壌とされています。

  • 1.グランド・シャンパーニュ(Grande Champagne)
  • 2.プティット.シャンパーニュ(Petite Champagne)
  • 3.ボルドリ(Borderies)
  • 4.ファン・ボア(Fins Bois)
  • 5.ボン・ボア(Bons Bois)
  • 6.ボア・ゾルディネール(Bois Ordinaires)

地図で見ると下のような感じです。
まずはフランス全体の生産地域の分かれ方。

フランス全土

そして↓こちら↓がコニャック地域をクローズアップしたものです。

コニャック詳細

それでは地図と併せて各地域の特徴を詳しく見ていきましょう。

土壌によって分かれる地域

主に土壌によって、ブランデーの原料となるブドウの出来具合が変わります。

1. グランド・シャンパーニュ(Grande Champagne)

最も良い土壌とされ、熟成に年月をかけて香り高く繊細で、上品な香りがするブドウとなります。

グランド・シャンパーニュ地域は全体で34,703ヘクタールあります。このうち葡萄作付面積は13,159ヘクタールです。この地区独特の至上の繊細さと軽やかさ、フローラルのアロマを秘めたブランデーに相応しいブドウが栽培されます。熟成期間には長い年月が必要で、その間オーク樽のなかで充分な成熟を待ちます。

グランド・シャンパーニュ地域で、収穫から出荷まで一貫した作業のモノはグランド・シャンパーニュと表示できます。
有名処はこのサイトでもイチオシ「ポールジロー」シリーズですね。
(当サイト総合ランキング1位!)

ポールジロー1

ちなみに、シャンパンの産地で有名な「シャンパーニュ地方」とは全く別地域です。500km以上離れています。
地域の名前が似ていますが、ブランデーの「グランド・シャンパーニュ地方」とシャンパンの「シャンパーニュ」地方は全然別物なので注意しましょう。

2. プティット.シャンパーニュ(Petite Champagne)

グランドシャンパーニュに次ぐ優れたブランデー。比較的熟成は早い。

プティットシャンパーニュ地区の総面積は65,603ヘクタールです。そのうちの4分の1にあたる15,246ヘクタールでコニャック向けのブドウが作られています。 この地域のブランデーはグランド・シャンパーニュの洗練さには及ばないものの同様の性質を保持しています。

ちなみにグランド・シャンパーニュに50%以下の割合いでプティット・シャンパーニュのブランデーをブレンドしたものをフィーヌ・シャンパーニュ(Fine Champagne)と表示できます。
フィーヌ・シャンパーニュで代表的なのは「ネヘシーVSOP」ですね。

ヘネシーVSOP2

3. ボルドリ(Borderies)

腰が強く豊かな香りのブランデー。
この地域は6つの中で最も小さいクリュで、総面積は12,540ヘクタールです。(地図参照)

土壌は石灰層の脱炭酸化によるフリント質というものです。コニャック市の北東に位置し、この地区3,987ヘクタールのブドウ畑からはまろやかでやわらかなブランデーが産まれます。
2つの上位のグランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュ地区よりも短い熟成期間で仕上がりますが、十分に高い品質のコニャックであると評価されています。

4. ファン・ボア(Fins Bois)

若々しく軽快なブランデー。

このクリュ(ブドウ畑)は赤身がかった粘土質の土壌が多い地域です。粗く砂利状となっています。
ファン・ボアの総面積は349,803ヘクタール、うち31,001ヘクタールのブドウ畑かしなやかで熟成期間の短いブランデーが作られます。

5. ボン・ボア(Bons Bois)

香味が、やや痩せている。

ボン・ボアは沿岸部の砂地質の土壌や谷、また南部のブドウ畑に位置します。 この砂は中央山塊が侵食されて運ばれたものです。
このボン・ボアのブドウ栽培の特色は、他の作物や放牧地、または松林や栗林と隣り合わせになり栽培地が集中していないことが挙げられます。 このボン・ボア地区の総面積は372,053ヘクタール。うち9,308ヘクタールがコニャック用のブドウ生産に使われています。

6. ボア・ゾルディネール(Bois Ordinaires)

やや荒い風味のブランデー。このボア・ゾルディネールの総面積は260,417ヘクタール。その中で1,101ヘクタールのブドウ畑がコニャック用として展開されています。 土壌は砂地が特徴的です。

主なブドウの品種は?

上記6地域でコニャックとして認められるブドウの品種のは以下の3種類です。(白ブドウ)

「ユニ・ブラン」「コロンバール」「フォル・ブランシュ」

なお、全体の10%までなら以下の品種も混合することが認められています。
「フォリニャン」「ジュランソン・ブラン」「メスリエ・サン=フランソワ」「モンティル」「セレクト」「セミヨン」

ぶどう

ユニブランなどのコニャックで原料として使用されるブドウは酸味が多く糖度が低いためワインとしてはあまり高級な部類に入りませんが、ブランデーにとっては素晴らしい素材となります。理由としては主に以下2点です。

  • その1:酸が多いと果汁が酸性になり、雑菌の繁殖を抑制でき、香味成分の生成を促すことができる。
  • その2:発酵時のアルコール度数が高くなりにくいため、大量のワインから少量のブランデーしか蒸留されず、その分ブドウの香味成分が濃縮されやすくなる。

ちなみに、大手のメーカー(カミュやヘネシー等々)がグランド・シャンパーニュ規格のコニャックをあまり製造しないのには理由があります。グランド・シャンパーニュ地区の面積が狭く、生産量が確保できないからです。

まとめ:コニャックの6つの地域

ブランデーの区分け
  • フランスのコニャック地方で作られるブドウを原料としたブランデーが「コニャック」と呼ばれる。
  • コニャックの中にもブドウを作る土壌によってランクが分かれている
    1. グランド・シャンパーニュ(Grande Champagne)
    2. プティット.シャンパーニュ(Petite Champagne)
    3. ボルドリ(Borderies)
    4. ファン・ボア(Fins Bois)
    5. ボン・ボア(Bons Bois)
    6. ボア・ゾルディネール(Bois Ordinaires)
  • 使われるブドウの品種は主に3種類
    「ユニ・ブラン」「コロンバール」「フォル・ブランシュ」
このエントリーをはてなブックマークに追加

facebook Pageにいいね!で最新情報をGET

関連記事

Copyright(c) 2015 Brandy Daddy. All Rights Reserved. | 運営情報・お問合せ