Brandy Daddy
  1.  >  > 

キュヴェ(Cuvee)とはどういう意味か?

ワインやブランデーの用語でたまに出てくる「キュヴェ(Cuvee)」(キュベとも表記する)について解説します。果たしてキュヴェの意味とは何なのでしょう?

ブランデー・コニャックでは「カミュ キュヴェ」や「ヘネシー キュヴェ 」など、ブランド名の後につくことが多い「キュヴェ(キュベ)」。
ブランデーに限らずワインでも「キュヴェ(キュベ)」と表記されるものも多くありますね。一般的にはワインの方がよく見かけるかもしれません。

キュヴェ1

意味は・・・独自に選別し樽詰/瓶詰したもの

ワインやブランデーにおいてキュヴェ(Cuvee)は元々フランス語で、発酵槽を意味する「キューヴ(cuve)」から派生した言葉です。そしてキュヴェは現在次のような意味合いで使用れています。

  • 発酵槽の中のワイン・ブランデーという意味。
  • 特別なロットのワイン・ブランデーという意味
  • 生産者や販売者が、独自に選別し樽詰/瓶詰したワイン・ブランデーのこと
  • ある一つの醸造桶から造られるワイン・ブランデーのこと
  • 同じ性格のワイン・ブランデー
  • 生産者が製品化する際に単に名前につけるだけ

このように様々な意味合いがありますが、最も一般的な意味としては3つ目の
生産者や販売者が、独自に選別し樽詰/瓶詰したワイン・ブランデーのこと」でしょう。

特にブランデー(コニャック)においては、各ブランドのマスターブレンダーがあらゆる樽から厳選して原酒をブレンドした最高のブランデーという意味合いが強く、高級、特別なブランデーに「キュヴェ(キュベ)」とつけられる事が多いです。

キュヴェ2

ただし、キュヴェという言葉自体は「VSOP」や「XO」といった熟成年数による明確な規定は存在せず、キュヴェの表記を使用するかどうかは生産者の自由です。

参考:XOやVSOPの定義についてはコチラ

ブランデーでのキュヴェは?

キュヴェという表記はありませんが、その時期限定で各メーカーのブレンダーが様々な熟成樽から厳選したブレンドし商品化されたブランデーは多くもちろん多く存在します。レミーマルタン ルイ13世や、プロプリエテールで有名なポールジローなども、その時々でブレンドする樽を厳選してボトル詰めされます。
しかし、一般的に「キュヴェ(キュベ)」と表記されるコニャックは限定◯◯本や、期間限定販売品であることが多いようです。

レミーマルタンの場合、普通のレミーマルタン ルイ13世 は数量限定ではありませんが、ミーマルタン ルイ13世ブラックパールは世界限定786本です。

参考:100万円!?ルイ13世ブラックパールとは?

キュヴェ2

またコチラで紹介している「レミーマルタンリミテッドエディション Carte Blanche n°1」はレミーマルタンの新しいセラーマスターであるBaptiste Loiseau氏が独自にブレンドした定コニャックで、7,000本の限定生産です。ういったコニャックは表記こそ違うものの、「キュヴェである」と言う事が出来ると思います。

ちなみに、コニャックの中で「キュヴェ(キュベ)」と表記がある最も高価なコニャックの一つはコチラのページでも紹介している「カミュ キュヴェ」でしょう。

キュヴェ3

まとめ:「キュヴェ」とは?

フランス語で「発酵槽を意味するキューヴ(cuve)」から派生した言葉。

様々な意味合いがあるが、最も一般的な意味としては
生産者や販売者が、独自に選別し樽詰/瓶詰したワイン・ブランデーのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

facebook Pageにいいね!で最新情報をGET

関連記事

Copyright(c) 2015 Brandy Daddy. All Rights Reserved. | 運営情報・お問合せ