Brandy Daddy
  1.  >  > 

ブランデーにおすすめリーデルのグラス特集

コチラの記事でブランデーにおすすめのグラスを紹介しました。
当サイトのイチオシはポリ社製のグラッパ用ベネチアングラスでしたが、やはりブランデーグラスとして一番有名処のリーデル社のグラスは外せません。今回はブランデーに向いているおすすめリーデルグラスにフォーカスして見てみましょう。

ソムリエシリーズかヴィノムシリーズ

ご存じのとおり、リーデルのグラスは100種類以上も存在し、ワインを中心にブランデー、ビール、その他スピリッツ、そして原料の品種や細かい用途の違いによってシリーズが分かれています。 その中でもブランデーグラスとしておすすめできるのはソムリエシリーズとヴィノムシリーズです。

リーデル2

画像出典:http://shop.riedel.co.jp/

ソムリエとヴィノムは何が違うのか?

リーデルのグラスにおいて、品質的にも価格的にも最も大きな差となるのが、「ハンドメイドかマシンメイドか」の違いです。

リーデル4

最も高級なソムリエシリーズはハンドメイド。オーストラリアの工房で25人の職人の手によって1本1本ハンドメイドされています。機械では作り出せない職人の手と目による精巧さと精密さが最高の1杯を楽しませてくれます。飲み口が非常に薄く精巧な作りになっているのが特徴です。ハンドメイドのグラスは筆記体でRIEDELのロゴはグラスに入っています。

ヴィノムシリーズ含むその他のシリーズはマシンメイドです。ドイツの工場で機械によって作られています。価格を抑えて手に入りやすく、最も普及しているシリーズです。マシンメイドのグラスはブロック体でRIEDELのロゴが入っています。

参考→実録!リーデルグラス ヴィノムとソムリエシリーズ徹底検証

リーデル4

ソムリエシリーズのブランデー用グラス

リーデルのソムリエシリーズにはブランデー向けのグラスとして2種類ラインナップがあります。

「コニャックVSOP」と「コニャックXO」です。
※なぜ細身のくびれグラスがブランデーに向いているかはコチラの記事に超詳しく書いているので、そちらをご参照ください。

コニャックVSOPとコニャックXOでは微妙に特徴が異なります。ではその違いは何でしょう?
グラス先端のリム部分を見ると少し形状が異なるのが分かります。コニャックVSOPは外側に少し広がっており、コニャックXOは広がっていません。このリムの形状の違いによって何が変わるのでしょうか?

リーデル1

真相を確認するためと当記事の信ぴょう性を高めるため、リーデルのカスタマーサポートに直接問い合わせてみました。
するとカスタマーサービス経由でグラスの開発部門から次のような正式回答を頂きました。

"このリム部分の違いによって舌触りが違ってまいります。
VSOPはXOに比べ若いため熟成感よりも尖ったアルコール分が先に立ちますので、そのアルコール分を和らげるためにリム部分が少し開いた形状になっております。

XOは十分に熟成を経ておりますので、リム部分の形状を特別に変えることをせず、そのままストレートに流れ込む形状になっております。

また、弊社ソムリエシリーズ「コニャックXO」は、Hennessyの醸造担当者の方々とのワークショップを重ねて決まったグラスでもありますので、是非お使いいただき、XOをご堪能いただければと存じます。"

とのことです。
なるほど、ブランデーの風味のとんがり具合によってコニャックVSOPとコニャックXOを使い分けよ、ということですね。リーデルさんご回答ありがとうございました。リーデル的にはコニャックXOの方にはかなり力を入れているみたいですね。

ブランデーではありませんが、リーデルのグラスを使ったウイスキーのグラス検証において面白い記事を見つけましたので紹介します。
→「ウイスキーグラスの再検証

この記事によると、ウイスキーにおいても最もよい香り立ちを発揮したのが何とコニャックXOだったそうです。やはり基本的に香り立ちを味わうにはこのチューリップ型が強さを発揮するようです。

当サイトとしてのおすすめは・・・

リーデル社自体は「コニャックXO 」を推しているようですが、ブランデーの熟成年数(VSOPやXOやそれ以上)に関わらずブランデーを入門する日本人に向いているのは「コニャックVSOP」だと思います。ブランデーに親しみの少ない日本人の舌には一般的にはまろやかな舌触りが好まれるからです。

リーデル3

ある程度慣れてきたらブランデーの種類、熟成年数に応じて「コニャックXO」か「コニャックVSOP」を使い分けるのが良いかもしれません。

結論:リーデルのおすすめブランデーグラス

  • リーデルのブランデーグラスは、まずソムリエシリーズ「コニャックVSOP」から試してみる!その後コニャックXOで飲み比べてみる。

なお、ハンドメイドであるソムリエシリーズが高価で手が出ない!という方にはマシンメイドのヴィノムシリーズ「コニャック 」がおすすめです。形状的にはソムリエシリーズの「コニャックVSOP」にほど近く、価格は4分の1程度です。(ヴィノムシリーズはグラス2個セットのため)

以上、ブランデーにおすすめリーデルのグラス特集でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

facebook Pageにいいね!で最新情報をGET

関連記事

Copyright(c) 2015 Brandy Daddy. All Rights Reserved. | 運営情報・お問合せ