コニャックブランド特集

デラマン(Delamain)の特徴とラインナップとおすすめ1品

2015年7月8日

メーカー・ブランデー別おすすめブランデー特集。今回はグランドシャンパーニュのブドウ100%で作られるフランのコニャックメーカー「デラマン(Delamain)」の特徴と種類、ラインナップ、おすすめの一品を見ていきましょう。

デラマン(Delamain)の歴史と特徴

画像出典:http://www.delamain-cognac.fr/

デラマンの歴史は1600年代に遡ります。もともとコニャック地方の町人だったデラマン一家が1625年にロンドンに移住したのが始まりです。その家系図は数あるコニャックメーカーの中で最も複雑と言われています。

デラマン一家は1759年にグランドシャンパーニュ地方に戻りコニャック作りを開始します。その後はコニャック造りと、アイルランドとオランダを中心としたをコニャック貿易業を続けていました。その後、1824年に当時の頭首であったアンリ・デラマン氏の時代に会社組織化されます。その後4世代にわたり家族経営のコニャック作りを経たのち、1920年にデラマン一家をオーナーとする現在のデラマン社(Delaman & Co)となりました。

デラマンの土壌と味

デラマンはその古い歴史からとても高品質なコニャックを生産することで知られています。使用されているブドウはコニャック地方6つの土壌のうち、最も高品位な土壌とされているグランドシャンパーニュ地方の土壌で育ったブドウを100%使用しています。

コニャック6つの土壌とランクは?

デラマンの熟成樽について

画像出典:http://www.delamain-cognac.fr/

デラマンはコニャックの熟成に使用している樽にもコダワリがあります。デラマンの樽熟成は「古樽熟成」と呼ばれています。古樽熟成とは、出来たばかりの新樽を一切使用しません。必ず完成後15年経過した樽を熟成に使用します。新樽では樽の香りが強すぎるため、15年寝かせて樽香の少ない柔らかい風味を出すためです。

デラマンの熟成年数について

デラマン社のコニャックは最も低い熟成年数で6年です。つまり最低でもXOクラスのコニャックしか製造していません。デラマン社の自社基準ではXOクラスの平均熟成年数は最低でも25年以上となっています。

XOやナポレオンのランクの違いとは?

デラマンの加水について

一般的にコニャックはアルコール度数調整のための加水が行われますが、デラマンの加水は「神がかり的な加水技術」として知られています。

デラマンは加水に「フェーブル」と呼ばれるものを使っています。

フェーブルとは、蒸留水とコニャックを混ぜ合わせ、何十年か寝かせた液体の事です。デラマンの場合はアルコール度数15%程のフェーブルを使用しています。その液体をトノーという大きな容器に入れて保管しています。

そのフェーブルを8年間にわたり少しずつ加えていきアルコール度数を下げていきます。8年目以降はフェーブルを加えなくても自然にアルコール度数が下がるのを待って、ちょうど40%程度になるように調整を行っているようそうです。そのフェーブルを使用した加水調整のお陰で、アルコールと水がバラバラにならず、風味を損なわないコニャックができるのです。

デラマン(Delaman)の種類・ラインナップ

画像出典:http://www.delamain-cognac.fr/

デラマン社自体そこまでラインナップは多くありません。日本での通販でも通常ランクのものは手に入りますが、高級ラインはなかなか流通していないのが悩みどころです。。。
※基本的に下に行くほどランクと熟成年数が高くなります

通常ラインナップ

日本で流通していて手に入りやすいもの

その他のラインナップ

日本ではあまり流通していない、または手に入りにくいラインナップです。海外からの個人輸入が入手経路となりそうです。
※基本的に下に行くほどランクと熟成年数が高くなります

  • デラマン ビンテージ 1982
  • デラマン ビンテージ 1980
  • デラマン アーリーランデッド 1973
  • デラマン Extr
  • ル・ヴォヤージュ・ド・デラマン
    (Le Voyage de Delamain)
    →世界限定500本。当時の日本価格約65万円。現在は入手困難・・・。2008年に明治屋が輸入販売したことがあり、日本でも限定発売されていました。その時の小売価格は100万円でした。
画像出典:http://www.delamain-cognac.fr/

デラマンおすすめの一品:デラマンXO ペール&ドライ

画像出典:http://www.delamain-cognac.fr/
  • 香り   :★★★★☆
  • 味わい:★★★★☆
  • ボトル:★★★☆☆
  • コスパ:★★★★★
  • 原産地:フランス コニャック グランドシャンパーニュ
  • ネット通販価格:7,000円~9,800円くらい

デラマンXOペール&ドライはデラマンのコニャック代表格にあたるブランデーです。初めてデラマンを試してみたいという方におすすめできます。
使用されているブドウはもちろん100%グランドシャンパーニュ産のブドウです。このデラマンXOに使用されているコニャックは平均熟成年数25年程のコニャックがブレンドされています。

ブレンド手法がととても特徴的で、長期熟成されたアルコール度数の弱い(40度以下)コニャックが全体の約15%、アルコールの強い(50度以上)のコニャックが全体の約53%程それぞれブレンドされており、最終的にデラマンが目指す柔らかな味わいになるよう調整されています。
淡い風味のコニャック(ペール)と自然な甘さを持った風味のコニャック(ドライ)をブレンドすることからXO ペール&ドライという名前になっています。

デラマンのラインナップで最も若いコニャックとなりますがデラマン入門、または飲み慣れた方にもおすすめできる一品です。コストパフォーマンスにも非常に優れており、このXO規格のコニャックが8,000円台で手に入るのは驚きです。

通販でデラマンXOペール&ドライを安く手に入れるためには?

デラマンXO ペール&ドライは日本国内でも普通に流通しているため、だいたいどこでも手に入ります。
お手軽なところではやはりAmazon楽天が早く安く手に入るでしょう。価格はそれぞれで違いますが、若干楽天の方が品揃えの良さ値段は安い場合が多いようです。

→Amazonでの現在価格チェックはコチラ

→楽天での現在価格チェックはコチラ

デラマン ペール&ドライ XO 40度 700ml [並行輸入品]

デラマン ペール&ドライ XO 40度 700ml [並行輸入品]

8,980円(10/18 23:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

-コニャックブランド特集
-,

Copyright© Brandy Daddy -ブランデーダディ- , 2019 All Rights Reserved.